/

この記事は会員限定です

伊藤園、機能性飲料など拡大 22年度5~10品投入

[有料会員限定]

伊藤園は2022年度に機能性表示の製品を新たに5~10商品投入する。日本茶などの茶系飲料やティーバッグなどの茶葉を中心に、現在の16商品から増やす。生活習慣病の改善や予防につながるとうたう機能の製品化を目指す。機能性表示食品の売上高を5年で1.5~2倍にすることを目指す。

伊藤園は20年度以降、新たに機能性表示食品を14商品発売した。商品の中身や価格は変えずに新たに機能性を調べ、機能表示を追加し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン