/

この記事は会員限定です

トヨタ新型アクアに次世代電池 「バイポーラ型」とは

[有料会員限定]
日経クロステック

トヨタ自動車が全面改良した新型の小型ハイブリッド車(HEV)「アクア」。最大の特徴は、次世代型蓄電池と言われてきた「バイポーラ型」のニッケル水素電池を採用した点だ。

駆動用の車載電池として採用するのは新型アクアが「世界初」(トヨタ)である。リチウムイオン電池パックと比較すると、体積当たりの容量で25%増を実現した。豊田自動織機が量産する。

従来型のニッケル水素電池は、正極と負極の活物質を別々の集電体に塗り、セパレーターを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン