/

この記事は会員限定です

「多すぎ」IPOに市場の洗礼 12月32社、資金分散

[有料会員限定]

2021年の新規株式公開(IPO)は活況が続いた。今週は監視カメラシステム開発のセキュア(4264)など3社の上場が予定され、年間で125社と2006年以来の高水準となる見通しだ。未上場でじっくりと事業を成長させてから上場する企業が増え、公開価格の時価総額が1000億円以上をつけた企業は昨年はゼロだったが今年は5社と6年ぶりの多さだ。しかし、足元では初値が公開価格を下回る銘柄が相次いでおり、先行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン