/

「鉄さび」でCO2資源化 東工大、ギ酸に変換する触媒

東京工業大学の前田和彦教授らは、鉄さびの主成分を触媒に使って二酸化炭素(CO2)を「ギ酸」に変換する技術を開発した。ギ酸は次世代エネルギーとして注目される水素の貯蔵や輸送に役立つ。こうした人工光合成と呼ぶ技術では触媒に貴金属を使うことが多いが、埋蔵量の豊富な鉄で代替できればコスト低減につながる。

人工光合成は植物の光合成をまねて光と水、CO2から有用な物質を作り出す技術。ギ酸は水素原子を含み常温で液体のため、水素の運搬に適するとして「水素キャリア」の候補物質の1つになっている。

前田教授らは鉄系の鉱物がCO2を吸着する能力があることに着目し、人工光合成の触媒の開発を進めてきた。今回、鉄さびの主成分である酸水酸化鉄を使い、CO2をギ酸に変換できる触媒を開発した。反応の過程で一酸化炭素や水素も生成するが、生成物の80~90%はギ酸になるという。

人工光合成では銀やコバルトから成る微細な粒子を使うことが多かったが、資源が限られ価格が高い。鉄はこうした貴金属に比べ埋蔵量が豊富で、安く調達できる。

今後は鉄以外の元素との複合化などにより、さらなる性能向上を狙う。付加価値がより高い生成物であるアルコールなどを生成する触媒の開発もめざす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン