/

東武鉄道、23年度以降に自動運転の実証実験へ 

東武鉄道は東武大師線で自動運転の実施に向けた実証実験を開始すると発表した。2023年度以降に始める。将来的には添乗員付き自動運転の実現を目指す。少子高齢化が進む中、省力化を推進して持続可能な鉄道事業の実現を目指す。

実験は西新井駅(東京・足立)から大師前駅間(同)の1㌔㍍。夜間の試運転を中心に検証する予定だ。

同社は運転をせず避難誘導などをする人員のみを配置する自動運転化を目標にする。国内では一部のモノレールでの導入事例がある。乗務員コストの削減を狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン