/

宇宙飛行士の野口聡一さん、JAXA退職へ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、宇宙飛行士の野口聡一さん(57)が6月1日付で同機構を退職すると発表した。日本では過去に11人の宇宙飛行士が選抜されており、退職は5人目。JAXAに所属する宇宙飛行士は6人になる。

野口さんは25日に記者会見をして詳細を説明する。

野口さんは1996年に宇宙飛行士候補者に選ばれ、宇宙飛行を3回経験した。それぞれ異なる宇宙船に搭乗した。2005年に米国の宇宙船「スペースシャトル」で初飛行し、09~10年にはロシアの宇宙船「ソユーズ」で国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在した。20年には米スペースXの民間宇宙船「クルードラゴン」に米国人以外で初めて搭乗し、21年まで2回目のISS長期滞在を実施した。

短文投稿サイトの「ツイッター」や動画共有サイト「ユーチューブ」なども駆使した宇宙に関する新たな発信や表現にも努めてきた。21年12月には東京大学の特任教授にも就任している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン