/

この記事は会員限定です

コロナ飲み薬、時間との闘い 製薬会社が開発に奔走

ウィズコロナの現場(4)

(更新) [有料会員限定]

「1日1回飲んでください」。横浜市内の宿泊療養施設で、白い錠剤が感染者に渡された。塩野義製薬が年内の承認申請を目指す新型コロナウイルス治療薬で、最終段階の臨床試験(治験)が9月下旬に始まった。

現在国内で軽症患者向けに認可されているのは点滴薬のみ。在宅でも使いやすい飲み薬の実用化が待たれている。

「1時間単位で物事を考えろ」。塩野義社内では社長の手代木功の檄(げき)が飛ぶ。通常6カ月以上かかる初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン