/

この記事は会員限定です

封じられる「配当節税」 上場オーナー、一部で税額増も

[有料会員限定]

上場企業のオーナーが資産管理会社を利用して個人の配当所得に適用される税率を抑える節税策が、2023年10月以降の配当から難しくなる。税率が高くなりやすい総合課税を避けるための「抜け道」が封じられることになる。一部には反発もみられるが、専門家は「放置されていた税法上の穴が是正される」と指摘する。

「仕方ないがここまで来たかという印象だ」。富裕層を顧客に持つ金融マンは複雑そうに話す。上場オーナーの反...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません