/

この記事は会員限定です

厚労省、中外製薬「アクテムラ」のコロナ向け使用を了承

[有料会員限定]

厚生労働省は20日、中外製薬の関節リウマチ治療薬「アクテムラ」について、新型コロナウイルスの肺炎患者向けに投与することを専門部会が了承したと発表した。点滴薬で、酸素吸入が必要な重症者などを対象とする。新たな変異型「オミクロン型」の感染が広がるなか、重症者向けの治療の選択肢が広がる。

アクテムラは中外が開発した抗体医薬品。新型コロナに伴う肺炎患者の過剰な免疫反応を抑える効果が期待される。米国や欧州...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン