/

この記事は会員限定です

東レ、EV素材の開発へ新組織 「古い枠組みでは限界」

[有料会員限定]

東レが電気自動車(EV)の本格的な普及を視野に、自動車素材の新たな企画・開発体制を構築している。2022年6月、自動車素材の提案・技術マーケティングを手掛ける「オートモーティブセンター」(名古屋市)と、電池材料などを開発する「環境・エネルギー開発センター」(大津市)を統合し、「環境・モビリティ開発センター(EMC)」(大津市)を新設した。

東レ理事で新組織の所長を務める真壁芳樹氏は「東レが保有す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません