/

DeNA、NECと試合会場でのICT実証実験で提携

ディー・エヌ・エー(DeNA)は20日、NECと試合会場でのICT(情報通信技術)活用で連携すると発表した。DeNAが保有または出資するプロ野球のDeNAベイスターズやプロバスケットボールチームの試合会場で、NECの持つ技術を実証する。スポーツ興行を核とする街づくりに貢献する技術開発を進める。

DeNAが保有する横浜DeNAベイスターズとプロバスケットボールチームの川崎ブレイブサンダース、出資しているプロサッカーチームのSC相模原の3団体の試合会場で、NECの持つAI(人工知能)などのICT技術を実証する。

2社は2020年10月に、横浜スタジアムにてマスクの着用率や人流を把握する技術実証で協働した。NECは実証で収集した知見やデータを、スタジアム運営などスポーツ興行を核とした街づくりに生かす。両社および各スポーツチームを交えた協議を経て、22年10月までに各試合会場における実証を検討する。

(藤生貴子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン