/

オンラインでサイバー防衛演習 日立が新サービス

受講場所を限定せずにサイバー防衛訓練に参加できる(利用時のイメージ)

日立製作所は24日、オンラインでサイバー防衛訓練ができるサービスを始めると発表した。電力や鉄道、上下水道など社会インフラを担う事業者に提供する。在宅勤務下でも実際の現場環境に近い演習を受けられるようにし、サイバー攻撃に対応できる人材の育成ニーズを取り込む。

6月1日から「オンラインNxSeTA」を始める。オンライン上の模擬の制御システムを使い、サイバー攻撃の検知からログ解析、復旧までの一連の流れを座学や演習で確認する。継続的な訓練に役立ててもらうため、評価リポートも発行する。顧客の業務ツールも一緒に使えるようにした。料金は人数や内容によって異なるが1回当たり数百万円という。

同社は2017年に大みか事業所(茨城県日立市)で、サイバー防衛訓練サービスを開始。20年からは顧客の事業所への出張も始めた。年間で約30社、延べ1000人ほどが受講しているが、22年度にはオンラインも含め2倍の延べ2000人の受講を見込む。

サイバー攻撃の脅威は年々高まっている。社会インフラが狙われれば日常生活に大きな支障が生じかねない。米国では5月、サイバー攻撃で石油パイプラインが一時稼働停止に追い込まれた。国内ではセキュリティー人材が不足しており育成が急務となっている。サイバー対策大手のラック富士通なども訓練サービスを提供している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン