/

この記事は会員限定です

Chromeブラウザー、ユーザーの嗜好を分析し始めた

[有料会員限定]
日経クロステック

米グーグルのウェブブラウザー「Chrome(クローム)」のユーザーに、良いニュースと悪いニュースがある。

2021年3月にリリースした「Chrome 89」では、メモリー管理の仕組みを刷新することでメモリー使用量が22%も減少し、Chromeが軽快に動作するようになった。その一方でユーザーの嗜好を分析する人工知能(AI)である「FLoC(フロック)」が一部のユーザーの環境で稼働し始めた。

まずは良...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン