/

この記事は会員限定です

遠隔監視で無人運転、22年度にも 日本のMaaS加速

近づく無人運転MaaS(上)

[有料会員限定]

遠隔監視のみで無人で運行する次世代の移動サービス「MaaS(マース)」を目指し、日本における取り組みが活発化している。早ければ2022年度にも一部の地域で実際の運行が始まる。地方の過疎化や交通事業者の運転手不足に悩む課題先進国の日本。無人運転MaaSの実現は課題解決とともに、日本企業の成長力向上につながる。

日産もホンダも実証実験開始

遠隔監視のみの無人運転化に向けて日本のMaaSの開発が加速し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン