/

この記事は会員限定です

人を誘導して「密」回避 チャットボットの用途広がる

[有料会員限定]
日経クロストレンド

様々な問い合わせに自動的に返信するチャットボット。カスタマーサポートでの自動応対や業務の効率化など、労働生産性向上の観点で注目を集めている。チャットボットの元祖は1966年に誕生。それから50年以上がたち、第3次人工知能(AI)ブームと重なって、ここ数年で急速に進化し、ビジネスや生活に溶け込みつつある。

そんな中、国内外で注目を集めるスタートアップがある。ビースポーク(東京・渋谷)だ。同社が展開す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン