/

この記事は会員限定です

名工大など「中性的なアバター」開発 万博で実演めざす

[有料会員限定]

名古屋工業大学の李晃伸教授のグループは研究用のアバターを開発した。大阪大学の石黒浩教授らとの共同研究で、性別を感じさせず汎用性の高いアバターを目指した。政府の大型プロジェクト「ムーンショット型研究開発事業」のアバターを使った社会生活の構築に向けた実証実験で活用していく。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)での実演も目指す。

2次元のCG(コンピューターグラフィックス)モデルの「ジェネ」と、3次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン