/

JR旅客6社、お盆の予約19年比76%減 低迷続く

JR旅客6社は20日、お盆期間(8月6~17日)の新幹線と在来線の指定席の予約状況(19日時点)は新型コロナウイルス影響のなかった2019年比で76%減の84万席だったと発表した。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象となる地域もあり、依然として低迷が続く。前年比では10%伸びた。ワクチン接種の広がりで、移動需要には回復傾向もみられる。

6社合計での新幹線の予約は19年比で76%減の66万席、在来線は75%減の18万席だった。JR東日本では新幹線が72%減の31万席、在来線は70%減の8万席で、合計は72%減の38万席にとどまった。JR東海でも東海道新幹線は80%減の29万席だった。

JR西日本では新幹線と在来線合わせ79%減の27万席だった。国家間の移動制限が続く中、関西空港方面の在来線が上下線ともに19年比で9割減と落ち込みが目立った。JR本州3社はいずれも19年比で7~8割減となり、コロナ前水準には戻っていない。

前年と比べると回復傾向にはある。在来線は前年並みだが、新幹線では13%増と伸びている。特にJR東では新幹線が前年比44%増、在来線が19%増で、全体でも38%増えた。北陸新幹線では19年比で7割減にとどまるも、前年比では55%増え、前年よりは好調に推移している。

「去年より予約は入っている。緊急事態宣言の影響でキャンセルがたくさん出るというようなことも、現時点では起こっていない」(JR東)。7月30日~8月16日にかけて新幹線や在来線特急も計111本追加する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン