/

この記事は会員限定です

iPS細胞培養技術を研究 マイオリッジが6億円調達

[有料会員限定]

iPS細胞関連事業を手掛けるマイオリッジ(京都市)は住友化学三菱ケミカルホールディングス(HD)、凸版印刷の3社から計6億円を調達した。細胞培養装置の購入などに充てる。3社とはそれぞれ事業面でも連携し、住友化学とはiPS細胞をより効率的に培養する技術を探る。

マイオリッジは京都大でiPS細胞を研究していた南一成最高技術責任者(CTO)らが2016年に立ち上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン