/

この記事は会員限定です

新薬探索でロボ活用 アステラス、候補特定を1年に半減

[有料会員限定]

製薬企業で新薬開発に人工知能(AI)やロボットを活用する動きが広がっている。アステラス製薬は2024年にも研究員の知見に頼っていた有効成分の設計をAIに代替したり、有効性評価でロボットを活用するなどして、基礎研究部分を従来の2~3年から1年に短縮する。新型コロナウイルス禍で国内勢の創薬力の低さが浮き彫りになる中、開発の一部を自動化して巻き返す。

アステラスはつくば研究センター(茨城県つくば市)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン