/

この記事は会員限定です

「不正」の線引き、厳格判断 仮想通貨の無断採掘で無罪

[有料会員限定]

他人の端末で暗号資産(仮想通貨)をマイニング(採掘)した事件で、最高裁は20日、無罪の判決を言い渡した。不正指令電磁的記録保管の罪に当たるプログラムの定義について、影響や利用の方法を踏まえて適用範囲を厳格に判断した。新たな技術が不正か否かを見極めるため、サイバー捜査の精度の向上が不可欠だ。

「これが犯罪にあたるとしたら、線引きがどうなるか疑問に思っていた」。ウェブデザイナーの諸井聖也さん(34)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン