/

この記事は会員限定です

三菱自動車、聞こえぬ復配宣言 透ける東南アジア依存

赤間建哉

[有料会員限定]

三菱自動車が2023年3月期に復配する可能性が出てきた。6月の株主総会でも配当方針をめぐる質疑が相次いだが、加藤隆雄社長兼最高経営責任者(CEO)は明言を避けた。中期経営計画の利益目標を1年前倒しで達成したとアピールしつつ、3期ぶり復配のアクセルをまだ踏まないのはなぜか。

復配を期待する株主にとって、総会での加藤社長の発言は物足りないものだった。「株主への配当は最重要責務。早期復配に尽力する」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン