/

この記事は会員限定です

KDDIが見せた利益目標への執着 自社株買いの思惑呼ぶ

河端里咲

[有料会員限定]

KDDIの株価が堅調だ。EPS(1株利益)を2025年3月期に19年3月期比で5割引き上げる目標が株高を支えている。菅義偉前政権が進めた「官製値下げ」で通信料収入が落ち込み、目標達成は危うい。EPSを増やすために自社株買いの上限を1500億円から2000億円に引き上げたがハードルはなお高い。非通信事業の強化や高速通信規格「5G」向けサービスの開発など新たな収益源の拡大が必要だ。

KDDIの株価は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1553文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン