/

この記事は会員限定です

iPS細胞から複数臓器 腎臓病など、改善に道

移植治療や創薬に活用

[有料会員限定]

iPS細胞から関連した複数の臓器をまとめて作り出す研究開発が進んでいる。肝臓や腎臓といった単一の臓器を作るのに比べ、臓器間の連携により体内で起こる様々な作用を再現しやすくなるほか、異常な細胞を抑え込める。臓器移植の成功率を引き上げたり、特定の病気の解明につなげたりする期待も膨らむ。

臓器は他の臓器とつながって初めて機能を発揮する。胎児が育つときも体の中では、それぞれの臓器や組織が互いにホルモンや化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン