/

この記事は会員限定です

ユニホーム、なぜ目立たぬ場所にも広告 狙いは別にあり

[有料会員限定]

近年、サッカーユニホームへの広告掲示が増えています。Jリーグでは1993年の開幕からユニホームへの広告掲示を認めていますが、2018年からは鎖骨部分、20年途中からはショーツ裏にも掲載が認められました。小さく目立たない場所にも広告を載せる理由は「なんでだろ!?」。

そもそもユニホームの広告はどの程度認知されているのでしょうか? Jリーグの試合が行われているスタジアムに足を運び、東北に本拠地を置く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

1995年~2009年生まれの「Z世代」や2010年以降に生まれた「α世代」。1980年から90年代中盤に生まれた「ミレニアル世代」に続く世代で、デジタルネーティブという特徴を持ちます。彼らが生み出す新たな消費やサービスのニュース・解説をタイムリーに発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン