/

日銀、再び円相場の波乱要素 くすぶる緩和縮小の思惑

日経ビジネス電子版

日銀の挙動が金融市場を動かす材料として改めて浮上している。象徴的だったのが、1月の金融政策決定会合(通称MPM)が開かれた18日の外為市場の値動きだ。MPMの結果が公表されると、1ドル=114円台半ばだった円相場は1時間ほどでスルスルと115円台まで下落。その後、黒田東彦総裁の記者会見を経て午後6時頃には、再び朝方の水準まで戻してしまった。1日の円相場の値動きとしてはそれなりに大きい。

いったい何が起きたのか。発端は前週14日に海外で「日銀が内部で利上げについての議論の検討を始めている」との観測報道が出たことだ。利上げは金融緩和の縮小を意味し、外為市場では「円買い」材料になる。この報道の直後、円相場は一時113円台まで上昇していた。この経緯が下敷きとなっていたため、18日の外為市場は、日銀の金融緩和へのスタンスに変化があるかどうかを改めて確認する場になっていたわけだ。

結果は「完全否定」。18日の決定会合の結果は「現状維持」で、黒田総裁は午後3時半からの記者会見で「利上げを議論していることは全くない。現在の緩和的な金融政策を変更するとは全く考えていないし、議論もしていない。出口について議論するのは時期尚早だ」と述べた。緩和縮小という円買い材料は空振りに終わり円安が進んだわけだ。

それでも、総裁の記者会見後には朝方の水準まで再び上昇した。外為市場の値動きだけをみれば、日銀のスタンスについて、緩和縮小に動くのではとの思惑がくすぶっているようにもみえる。

思惑の背景にあるのは、新型コロナウイルス禍由来の供給制約や、2021年に進んだ円安があいまって、物価上昇がにわかに勢いづいていることだ。企業物価指数は前年同月比の上昇率が8~9%と1980年以来の高水準にある。日銀自身がまとめた「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」でも、2022年度の物価見通しをプラス1.1%と、従来の0.9%から引き上げている。

さらに、米国では米連邦準備理事会(FRB)による利上げが前倒しで実施されるとの観測が強まる。日銀が政策の現状維持を続ければ、日米金利差の拡大で円安が進み、物価上昇を加速させる可能性もある。

「悪いインフレ」が政策修正へのプレッシャーに?

もちろん、日銀が現行の大規模金融緩和で実現したい目標の物価上昇率は2%と、なお距離がある。エコノミストの間では「足元の物価上昇は一時的で、金融緩和の維持継続は必要」(日銀OB)との見方が主流だ。

だが、資源高局面での円安加速は、企業や家計のコストアップになりやすい。ガソリンや食用油など、日常生活にも影響する値上げのニュースも相次ぐ。円の下落が「悪い円安」と判断され、「悪いインフレ」が国民生活を圧迫するとの批判が高まれば、日銀の政策修正へのプレッシャーが高まる可能性も否定できない。

元日銀審議委員で野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミストは「黒田総裁の任期中は現状維持になりやすいとしても、ポスト黒田体制の下で日本銀行が正常化を進めるとの観測が市場に頻繁に浮上し、それが円安圧力を食い止める役割を果たすのではないか」とみる。

第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストも「世界的な金融引き締めの潮流に便乗して、政策修正の機運は高まっていく」と読む。

現実の物価上昇の結果はどうあれ、金融市場は米FRBだけではなく、日銀の「緩和正常化」をテーマとして意識し始めた。外為市場の値動きは今後、一段と激しくなっていく可能性がある。

(日経ビジネス 三田敬大)

[日経ビジネス電子版2022年1月19日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。「日経ビジネス電子版」のオリジナルコンテンツもお読みいただけます。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちらhttps://www.nikkei.com/promotion/collaboration/nbd1405/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン