/

メンタルケアのスマホアプリ 心の異変、AIで解析

日経ビジネス電子版
新型コロナウイルス禍を受け、心の健康が悪化する「メンタルヘルス」の問題を抱える人が増えている。そうした中、肌の状態を画像解析したり、人工知能(AI)で過去の心情を推測したりするスマートフォンアプリが登場。自分の心と体に習慣として向き合い、異変を早期に発見するサービスとして利用が広がりそうだ。

出口の見えない新型コロナウイルス禍。厚生労働省が2021年11月に実施した調査では、その直近1年間でコロナ禍によって心の健康が「悪化した」と答えた人数は全体の22%に上った。その後も、メンタルヘルスの問題に苦しむ人の数は高止まりしているとの見方は多い。

メンタル関連で苦しむ人はコロナ禍前から増加傾向だった。厚労省によると、20年10月時点で気分・感情障害を抱える推定患者数(躁うつ病を含む)は約11万9000人。02年と比べて31%多い水準だ。

心の不調の場合、誰かに打ち明けようにも周囲の目が気になって尻込みし、自分一人で抱え込んでしまうケースが少なくない。そうした人の悩みを解決すると同時に、心が不調に陥らないように予防するスマホアプリが続々と登場している。

化粧品大手ポーラ・オルビスグループで研究開発を担うポーラ化成工業(横浜市)は1月、疲れやストレスを分析し、気持ちの切り替えをサポートするアプリ「me-fullness(ミーフルネス)」の配信を始めた。同社フロンティアリサーチセンターの本川智紀上級主任研究員は「街を歩いていると、鳥のさえずりが耳に入ってきたり、花の香りに気付いたりして、ほっと一息つける。そんな心の余裕を取り戻してもらいたいとの思いから開発した」と話す。

「肌分析」技術を活用

目指したのは「客観的に、しかも簡単に自分の心身の状態が分かるアプリ」(本川氏)。そこで活用したのが、同グループがコア技術として長年培ってきた肌の分析技術だ。

疲れやストレスがたまると、肌が荒れたり、吹き出物ができたりと様々な変化が起きる。「ストレスを解消して肌を良くする」というのが化粧品会社の研究開発のアプローチだったが、今回は肌の状況からストレスの状況を検知するという、従来とは逆のアプローチを取った。同社が持つ約2000人分の肌や疲労に関するデータベースを基に、肌表面の状態からストレスや疲労度を推定できる技術を生かしている。

顔色の変化にも着目した。血液の流れにより絶えず変化している顔色を調べると、心拍数や心拍の揺らぎが分かる。心拍の揺らぎは自律神経によって調節されており、スマホのカメラでこの微細な動きを検知し、自律神経の状態を推定。こうした客観的なデータだけでなく、自分自身の顔を見てどう感じるかという主観的なデータも活用し、ストレスや疲労のたまり具合を割り出す。

記者も実際にアプリを使ってみた。まず、自宅でくつろぐオフタイム用の「心身の解放」、仕事中のオンタイム用の「シャキッと切り替え」など4つのモードから選択。スマホに映る自分の顔を見ながら「疲れた目をしているように見えますか」、「口角が下がっているように見えますか」など5つの質問に答えた。その後、顔色の変化が読み取られた。

10段階評価で心や体の充実度や改善に向けたアドバイスが表示され、記者の分析結果は「心だけが疲れて不安定な状態です」だった。結果に応じて、音楽が流れたりアート画像が表示されたりする。また、自分の心拍数と同じテンポでスマホが振動。心と体を癒やす効果を狙う。

同社が、疲労に関係するとされる体内の特定物質の含有量などをアプリ使用前後で比較したところ、日常的にアプリを使うことで疲労度の低下が確認され、睡眠の質の改善にもつながったという。同アプリは米アップルの基本ソフト「iOS」に対応し、一部有料(月額500円)だが、9月8日から来春までの期間限定ですべての機能を無料としている。

認知行動療法に着目

心理療法の一つである「認知行動療法(CBT)」を取り入れ、利用者がストレスを感じ過ぎずに思考のバランスを取れるよう支援するアプリが、スタートアップのHakali(ハカリ、東京・新宿)が手掛ける「Awarefy(アウェアファイ)」だ。

例えば、仕事でミスをした場合、「私は社会人失格だ」と考えるのが「認知」。その結果、現実逃避して職場から帰ってしまうのが「行動」だ。この「認知」と「行動」に直接働きかけ、過度に悲観的にならないようメンタルヘルスの改善を図ろうとするのがCBTだ。同分野を専門とする早稲田大学人間科学学術院の熊野宏昭研究室と共同研究し、その成果をアプリに生かしている。

Awarefyの機能の一つが、日々の出来事の内容と、その時の思考や感情を書き出して整理する「感情メモ」。書いたメモは集計・分析され、感情の変化を時系列で追うことで、自分にどんな思考パターンがあるかを理解できるようになる。CBTでは「コラム法」と呼ぶ対処法で、同社の小川晋一郎最高経営責任者(CEO)は「書くことで客観的に物事を捉えやすくなり、気持ちが楽になったと実感できる人は多い」と指摘する。

また、朝と晩に自分の心や体の状態を5点満点で記録する「チェックイン・チェックアウト」は、自分の認知や行動を客観的に捉えるCBTの「セルフモニタリング」に基づく。近年注目を集める呼吸法「マインドフルネス」を実践する音声ガイド機能もつけた。米グーグルの「アンドロイド」と「iOS」に対応し、月額利用料は680円。一部機能は無料だ。

7月には1日10~15分で終えられる、プログラム形式のメンタルケアメニューの提供を開始した。テーマごとに1カ月間のメニューをこなし、CBTに基づくスキルを習得できるというもので、第1弾は「うつ気分に備えるスキル」を対象としたプログラム。今後、「不安」「不眠」など需要の多いテーマに沿ったプログラムの開発を検討している。

同社は月に1回、アプリの使い方やCBTの考え方を解説するオンラインイベントも実施している。毎回100人前後が参加し、利用者からは「毎日取り組むことで1週間の思考や感情の波を振り返れる」(40代会社員)、「落ち込んでも立ち直りが早くなった」(20代会社員)といった声が上がった。小川氏は「CBTの決定版アプリとして今後も機能を強化していく」と意気込む。

スタートアップのUnlace(アンレース、東京・渋谷)が開発したアプリ「Unlace」は、前田康太社長自身がうつに悩まされた経験から生まれたものだ。前田社長は「自分が心の病にかかっていることを認めたくなかったが、心身の不調はどんどんひどくなった」と当時を振り返る。

自身の経験を基に開発

復調のきっかけとなったのがカウンセリングだった。気が合い、親身に話を聞いてくれたカウンセラーに悩みや思いを打ち明けることで、心身が上向くようになった。

「同じように苦しむ人は多いはず。どのようにアプリを設計すれば気軽に使えるだろうか」と考えた前田氏がたどり着いたのが、「ベッドの上でも使えること」だった。心身が不調だと、外に出ることすら苦痛に感じてしまうことが少なくない。その苦痛を取り払うため、チャット形式でカウンセラーとやりとりできるようにした。顔出しは不要で、利用者が相談したいタイミングに極力合わせて行えるのが大きなメリットだ。

Unlaceでは頭に浮かんだ気持ちなどを書き留める「ジャーナリング機能」のほか、利用者のツイッター上の書き込みを人工知能(AI)で解析し、自分の心情を振り返れるようにした。有料プランは2週間で8800円、1カ月で2万2000円など期間に応じて4つ用意する。無料の心理診断は月に約1万2000人が利用。今後もアプリの機能拡張を予定するが、「気楽に簡単に使ってもらえることを第1に考えたい」と前田氏は話す。

環境変化が激しく、常にストレスにさらされる現代社会では、メンタルヘルスの問題は誰もが抱えうる。心身の不調を感じてからケアを考えているようでは、症状改善に思わぬ時間を要することもあり得る。

日常生活の一環として、常に自分の心と体に向き合う習慣をつける。その積み重ねによって、ちょっとした体調の変化や感情の起伏に気付いたり、精神状態をコントロールしたりしやすくなる可能性がある。今回紹介したスマホアプリはその一助となってくれるだろう。

(日経ビジネス 生田弦己)

[日経ビジネス 2022年9月19日号の記事を再構成]

日経ビジネス電子版

週刊経済誌「日経ビジネス」と「日経ビジネス電子版」の記事をスマートフォン、タブレット、パソコンでお読みいただけます。日経読者なら割引料金でご利用いただけます。

詳細・お申し込みはこちら
https://info.nikkei.com/nb/subscription-nk/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ビジネス

企業経営・経済・社会の「今」を深掘りし、時代の一歩先を見通す「日経ビジネス電子版」より、厳選記事をピックアップしてお届けする。月曜日から金曜日まで平日の毎日配信。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン