/

KDDIとオプティム、共同出資会社 中小企業のDX支援

KDDIとオプティムは中小企業のDXを支援する新会社を設立する

KDDIとシステム開発のオプティム(東京・港)は20日、中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する共同出資会社を5月に設立すると発表した。オプティムが持つ人工知能(AI)関連のサービス開発とKDDIの顧客基盤を活用して、中小企業の業務効率化を進める。

KDDIとオプティムは5月に共同出資会社、DXGoGo(ディーエックスゴーゴー、東京・港)を設立する。資本金は1億円だ。KDDIが51%、オプティムが49%を出資する。AIを活用した画像解析技術で、飲食店向けに混雑を検知するサービスを提供する。設備などの鍵を、離れた場所から施錠したり解錠したりできるスマートキーへの切り替えなどのサービス提供を想定する。

KDDIとオプティムは2011年に協業を始め、法人向けスマホの管理システムを手がけていた。KDDIはこれまで大企業向けのDX関連サービスを強みとしていたが、新会社を通じて中小企業向けサービスを拡充する。(平岡大輝)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン