/

JAL、6~7月の国際線運航率低下 アジアで大幅減便継続

日本航空(JAL)は20日、6~7月の東アジア方面などの国際線運航計画を発表した。当初計画に対する運航数を示す国際線運航率(2020年度計画比、便数ベース)を一部路線を除き、6月は40%、7月は48%に引き下げた。3月の前回発表(北米線などのみ)時は6月が54%、7月は62%だった。中国で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、アジアで大幅な減便を続ける。

20日はソウル線を除く東アジア路線の計画と、一部の東南アジア路線の追加増便を発表した。追加発表分の運航率は6~7月ともに2割弱で、国際線全体の運航率を押し下げた。6月は52路線4020便のうち2430便、7月は45路線3534便のうち1843便を減便する計画。欧州とソウル路線の6~7月分、メルボルン、台北、グアム線の7月分の計画は今後発表する。

東京(羽田・成田)ー香港線は週に往路4便、復路2便を運航しているが、6月から週10往復に増やす。成田発着のクアラルンプール線とジャカルタ線や、羽田ーマニラ線も増便する。成田ークアラルンプール線は7月から毎日運航する。5月の国際線運航率は33%とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン