AIでたんぱく構造予測 メタは6億種発表、創薬に革新も - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

AIでたんぱく構造予測 メタは6億種発表、創薬に革新も

[有料会員限定]

創薬や生命科学の研究で人工知能(AI)の活用が進む。米アルファベット傘下の英ディープマインドが開発した、たんぱく質の構造を予想するAIの利用が急増。米メタ(旧フェイスブック)も独自のAI技術を発表した。病気にかかわるたんぱく質を予想できれば、それに合う創薬候補を探しやすくなる。研究開発の現場が一変すると期待を集める。

メタは11月、6億種以上のたんぱく質の構造を予測したと発表した。土壌や海水、人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

メタ

メタ(旧Facebook)の最新ニュースや解説をまとめました。メタバースやVR端末などの新サービス・商品、決算などの情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません