/

GMO、NFTで著作権者らのマーケティング支援

GMOインターネットグループのGMO NIKKO(東京・渋谷)は20日、企業やIP・コンテンツ著作権者を対象に、NFT(非代替性トークン)を活用したマーケティング支援サービス「NFTプロデュース byGMO」を始めると発表した。

GMO NIKKOはネット広告などマーケティング支援事業を手掛ける。NFTによるマーケティング戦略の構築から、コンテンツ制作やプロモーション、仮想通貨の保有まで支援する。

GMO NIKKOによると、新型コロナウイルス下でファンとの距離を縮めるツールとして企業がNFTを活用する動きがある。ただ活用方法や暗号資産の取り扱いなどの知識が必要で、導入のハードルが高いという。

GMO NIKKOは2021年に事業推進室を立ち上げ、NFTを活用したマーケティング支援を展開してきた。これまでの知見を生かしてサービスを拡充する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません