/

この記事は会員限定です

火星探査、飛行機で広範囲に JAXAなど研究

Next Tech2050

[有料会員限定]

火星で航空機を飛ばすための研究開発が進んでいる。大気中を飛行しながら探査をしようという狙いだ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)や大学の研究者で構成するチームが、火星の環境を模擬して機体を飛ばす実験を近く始める。2050年ごろには移動距離の長い様々な種類の飛行機が上空を飛び交い、謎が多い火星を隅々まで調べているかもしれない。

JAXAの実験場がある北海道大樹町で、6月中旬からJAXAや東北大、東京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン