/

この記事は会員限定です

日立、工場分析AIモデルを手軽に更新

[有料会員限定]

日立製作所は工場や電力インフラの設備の運用状況を分析する人工知能(AI)モデルを、IT(情報技術)の専門知識がなくても調整できるシステムを開発した。周辺環境の変化や設備の経年劣化などAIが学習すべき項目を選択すると、分析モデルが更新される仕組みだ。故障予知などの精度が高まり、工場やインフラの安定運用につながる。

電力インフラの保守業務を手掛ける子会社、日立パワーソリューションズ(茨城県日立市)が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン