/

東武鉄道子会社、東京ミズマチにご当地グルメの食堂開業

東武鉄道の子会社の東武タウンソラマチ(東京・墨田)はこのほど、商業施設の「東京ミズマチ」(同)に「沿線食堂」が開業したと発表した。東京ミズマチは東武スカイツリーラインの高架下にあり、開業から2年たつ。沿線食堂ではステーキやうどんなど東武鉄道沿線のご当地グルメを提供し、集客増につなげる。

東武鉄道沿線の栃木県日光市や鹿沼市、群馬県桐生市や埼玉県春日部市にある店舗の人気メニュー約10種類を提供する。メニューは分厚いポークステーキやひもかわうどん、シウマイなど幅広い。開店時間は午前11時から午後10時まで。

東京ミズマチは2020年に隅田川にかかる歩道橋「すみだリバーウォーク」の開通とともに開業した。浅草とスカイツリーをつないで回遊性を高めることを目指しており、今後も顧客の反応を見ながら食堂メニューの見直しなども検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン