/

この記事は会員限定です

ウェルヴィル、高齢者見守り参入 ソニー系など6者と

[有料会員限定]

人工知能(AI)を活用した対話システムを手掛けるウェルヴィル(東京・文京)はこのほど、ソニー傘下のソニーマーケティングや、ヘルスケア関連のスタートアップなど6者と共同事業体を立ち上げた。2023年夏をメドに、高齢者の見守りサービスを始める計画だ。

ウェルヴィルのAIシステムを搭載した専用のテレビを活用する。話し相手となるアバター(分身)を画面に映し、会話内容から健康状態を分析する。異変を検知した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン