/

この記事は会員限定です

シェアオフィスを本社に DeNAなど続々移転

在宅勤務定着が契機 ゼネラルパートナーズは賃料半減

[有料会員限定]

スタートアップの間で本社をシェアオフィスへ移す動きが相次いでいる。障害者の就職を支援するゼネラルパートナーズ(東京・中央)は9月に移転する方針を決めた。新型コロナウイルス禍で在宅勤務など新しい働き方が広がるなか、事業動向に合わせ、利用面積や賃料を柔軟に変えられる利点がある。日本企業の「オフィス像」の変化をスタートアップが先取りしている。

「ただ社員が集まるためだけの本社は必要ない」。ゼネラルパート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン