/

この記事は会員限定です

BRCA遺伝子変異のリスク、胃がんや食道がんでも上昇

がん社会を診る 東京大学特任教授 中川恵一

[有料会員限定]

がんは遺伝子の病気ですが、遺伝(家系)は発症原因の5%程度にすぎません。その例外的な「家族性腫瘍」の代表が「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」です。

発症原因はBRCA1、BRCA2遺伝子の家系的な変異で、親から子へ50%の確率で受け継がれます。その名のとおり、乳がんと卵巣がんのリスクが非常に高くなります。

欧米のデータでは、BRCA1/2の変異を持つ人が80歳までに乳がんを発症する確率は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン