/

この記事は会員限定です

リコーはDX、キヤノンは多角化 「脱・印刷」へ活路

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

紙を前提としたビジネスモデルから事務機メーカー各社も脱却を進めている。リコーはデジタルサービス会社への転換を掲げ、事務機事業の顧客基盤を生かして中小企業向けデジタルトランスフォーメーション(DX)支援で活路を見いだす。稼ぎ頭の事務機で得た技術や収益を医療分野といった新規事業に投じ、多角化経営を進めるキヤノン富士フイルムホールディングスなども知恵を絞る。

作業時間がゼロに

「これまで2~3週間かかっていた工事現場の写真整理にかかる作業時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン