/

この記事は会員限定です

コロナ時短、訴訟に壁 グローバルダイニングは都と係争

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの広がりを巡り、東京都による営業時間の短縮命令などを違法・違憲として飲食店チェーンのグローバルダイニングが都を訴えた訴訟が進んでいる。ただ類似訴訟は少なく、営業制限を巡る裁判が相次ぐ海外と対照的な状況だ。行政の対応の厳しさや訴訟のハードルの高さの違いが背景にある。

「法的・科学的根拠のない中で、多額の赤字を背負わされる」。グローバルダイニングの長谷川耕造社長は7日、東京地裁で開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン