/

楽天モバイル、郵便局内200店舗削減 ネット契約に誘導

think!多様な観点からニュースを考える

楽天モバイルは20日、郵便局内に設置してきた店舗約200カ所を2023年4月末までに閉店すると発表した。今後はオンラインでの携帯電話契約の獲得を強化し、全国2万カ所の郵便局にチラシを設置する。

楽天グループと資本業務提携する日本郵政グループの郵便局網を活用し、これまで約280の郵便局内に申し込みカウンターを置き「楽天モバイル郵便局店」を展開してきた。路面店などを合わせた楽天モバイル全体の店舗数は1261店舗(22年9月末)だったが、約2割減の約1000店舗となる。

楽天は郵便局内のカウンターを削減する一方、全国2万カ所の郵便局にオンライン契約のチラシを設置する。チラシに記載されたコードをスマホで読み込めば契約サイトに飛ぶことができる。2月末までに設置を完了する見通し。

ニューズレター

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません