/

JR貨物社長に犬飼氏 政府が了解

政府は20日の閣議で、JR貨物の犬飼新取締役常務執行役員(62)が社長に昇格する人事を了解した。6月24日の株主総会を経て就任する。真貝康一社長(66)は代表権のある会長に就く。真貝社長は「東京レールゲート」など駅直結の大型物流拠点を整備し、鉄道による輸送需要の拡大に向けた体制を構築した。

犬飼 新氏(いぬかい・しん)85年(昭60年)早大教卒、間組(現安藤ハザマ)入社。03年JR貨物入社。15年執行役員。18年取締役常務執行役員。東京都出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン