/

日本人の75%「コロナ禍前の生活に戻らず」 民間調査

日経クロステック

野村総合研究所(NRI)は18日、「日常生活に関する調査」の結果を発表した。新型コロナウイルス禍以前の生活状態に完全には戻らないとみている回答者は75%で、理由として「オンライン化・デジタル化が浸透した今の生活様式に慣れた」が20%近くあった。

コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動を把握することを目的に、7月から8月にかけて、全国の15~69歳の男女1万8800人を対象にインターネット調査を実施した。

コロナ禍以前の生活に完全には戻らないと考えている75%の回答者に自由回答の形式で理由を尋ねた。その回答を分析したところ、「(新型コロナウイルスが)完全に収束するとは思えないから」が41.1%で最多だった。

次いで多かったのが、コロナ禍をきっかけにテレワークが進んだり、オンライン化やデジタル化で無駄を排除した生活様式に慣れたりしたことを理由として挙げたケースで、18.4%になった。

この結果についてNRIは「コロナ禍で半ば強制された行動変容、すなわち生活のデジタル化によって意識や価値観も変わってしまった」とみる。さらに「生活者の意識が変わったことなどを企業経営者はビジネスチャンスと捉えて、新需要獲得のためにもDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させる必要がある」と指摘する。

調査ではこの他、外食、国内旅行、映画館での映画鑑賞、アウトドアレジャーといった活動について、コロナ禍が完全に収束したと想定した際の支出意向も尋ねている。すると「コロナ禍以前の水準よりもさらに多くする」と回答したのはどの活動でも1割未満といった結果が出た。NRIは「(外出自粛などで我慢した反動による)リベンジ消費による経済活性化は限定的とみてよさそうだ」とする。

(日経クロステック/日経コンピュータ 西村崇)

[日経クロステック 2021年10月19日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン