/

この記事は会員限定です

新幹線もジェンダーレス放送に 多様性配慮、各社急ぐ

(更新) [有料会員限定]

性別や人種の多様性に配慮するため、サービスや商品表示を見直す動きが広がり始めた。JR東海は新幹線の車内放送を性別に触れないジェンダーレスに変更。花王は化粧品で「美白」の表記を撤廃する。配慮不足は消費者からインターネット上で非難が集中する新しいリスクとなった。関連する保険も登場し、企業は対応を急いでいる。

「オール・パッセンジャーズ」。JR東海は3月中旬、東海道新幹線の英語での車内放送で「レディース&ジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン