/

この記事は会員限定です

気候変動にテックで「適応」 富士通、2級河川も水位予測

[有料会員限定]

人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoTを活用し、気候変動に伴って増える水害や土砂災害、山火事の被害を軽減する試みが進む。31日に始まる第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)では温暖化ガスの削減だけでなく、地球温暖化の影響をどう抑えるかも重要な論点だ。技術を駆使し、効果的な対策を実現できるかが問われる。

202X年。超大型台風の影響で猛烈な雨だ。近くの川が増水してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン