/

この記事は会員限定です

エーザイ認知症薬、曲折経て承認 効果次第で取り消しも

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

エーザイと米バイオジェンの「日米連合」が世界で初めてアルツハイマー型認知症の進行を抑制する治療薬の開発にこぎ着けた。米食品医薬品局(FDA)は7日、両社が開発する新薬候補を承認した。認知症にはこれまで長期的に症状の進行を抑える薬はなく、米国で18年ぶりとなる新薬も承認取得までは曲折があった。認知症を重点領域として経営資源を投じてきた両社にとって、新薬実用化は次なる成長への足がかりとなる。

新薬「アデュカヌ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン