/

この記事は会員限定です

日産や三菱商事系など、EVの充電時間帯を分散

[有料会員限定]

日産自動車三菱自動車三菱商事ローソンが出資する新電力のMCリテールエナジー(東京・千代田)などが、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を活用し、電気の安い時間帯の充電を促して電力需要を分散させる実証実験をする。9月中にもモニター利用者の募集を始めて2022年1月ごろまで実施する。

一日のうち、電力の単価が最も安い時間帯の4時間を充電時間とする。充電前日にモニター利用者にメールなどで時間帯を通知し、その時間帯で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン