/

この記事は会員限定です

ANA、仮想空間で疑似旅行 累計売上高5年で3000億円

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)は20日、ネット上の仮想空間で疑似旅行や買い物などができるスマートフォンアプリの提供を2022年に始めると発表した。友人などと通話しながらゲーム感覚の仮想旅行などが可能。新型コロナウイルス禍を受けて注力する非航空事業の柱の一つと位置づけ、開始から5年間で累計売上高3000億円を目指す。

サービス名は「SKY WHALE(スカイホエール)」で、子会社のANA NEO(東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン