/

この記事は会員限定です

介護DX、性能偏重に落とし穴 現場との一体開発模索

[有料会員限定]

介護現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進みつつある。あらゆるものがネットにつながるIoTやロボットを採り入れ、介助者の人手不足や負担軽減につなげる。ただし、性能を追うだけでは人のアナログ的要素が重視されてきた介護現場で受け入れられるシステムにはならない。現場の声を開発に生かす試みが始まった。

日本ロボット学会が9月に東京大学(東京・文京)で開催した学術講演会では、介護DXの課題を指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1312文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません