/

この記事は会員限定です

取引先に人権侵害ないか リスク調査法令、日本出遅れ

[有料会員限定]

取引先やサプライチェーン(供給網)上で、強制労働などの人権侵害のリスクを分析させたり、報告を求めたりする法令の整備が世界で広がっている。英国が先行し、欧米諸国やオーストラリアなどが追随した。一方で日本は企業側の負担増に慎重で、ルール整備があまり進んでいない。海外展開する企業にとって、人権に関する消費者や投資家の意識の高まりへの対応が重要になっている。

「海外取引先の管理の難しさを痛感した」。ミズノの担当者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン