/

この記事は会員限定です

「僕にできないはずがない」飛躍したユニクロに迫る試練

日中50年と企業(3)

[有料会員限定]

中国で「独身の日」に次ぐネット通販セール「6.18商戦」。アパレル部門で売上高トップに立ったのが、ファーストリテイリングの「ユニクロ」だった。中国に進出して20年。日本を上回る約900店を展開し、現地では誰もが知るアパレルブランドとなった。

そもそもユニクロが世界的なアパレルに飛躍する原点は中国にあった。社長の柳井正が実家の紳士服店に入社したのが、日中が国交を正常化した1972年のこと。当時は山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません