/

三菱重工、米ボーイングと協業 航空機の脱炭素へ

【ファンボロー(英南部)=佐竹実】三菱重工業は19日、航空機から排出する二酸化炭素(CO2)の削減に向け、米ボーイングと協業すると発表した。持続可能な航空燃料(SAF)や水素燃料などに関連した脱炭素技術の開発で覚書を結んだ。三菱重工はこれまでボーイング機に対しては主翼などの部品を供給してきたが、特定分野の技術開発での協業は初めてという。

英国で開かれている世界最大級の航空展示会「ファンボロー国際航空ショー」で同日に発表した。ボーイングは航空の脱炭素に向けて、英ロールス・ロイスや米航空宇宙局(NASA)などと航空宇宙分野で協業を広げている。水素燃焼などの技術に強みがある三菱重工と組み、次世代のエンジン開発などに役立てるとみられる。

三菱重工の加口仁常務執行役員は日本経済新聞の取材に対し、「大型機(の燃料として)は中長期にはSAFが一番有望だ。ボーイングと実用化する努力をしていく。また水素も含め、何が1番いい組み合わせなのかを考えていく」と述べた。

航空機の脱炭素に向けた協業では、欧州エアバスも川崎重工業と4月に水素航空機の実用化に向けて、水素の調達やインフラ整備での連携を表明している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません